←ヘルプ目次に戻る

2. 検索項目の入力


ここでは検索項目の入力における、注意点などを説明してあります。

基本的には、入力欄に語句の入力を行い、語句の検索オプション条件を設定します

あいまい検索  項目内の関係(AND/OR)  語句の検索方法(で始まる/を含む/と同じ/で終わる)


入力が特殊なものに、以下のようなものがあります。
ISBN/ISSN 発行年月 分類(NDC) 




●語句の入力

語句の入力と、語句の検索条件について説明します。

↑このページの先頭に戻る



●あいまい検索

あいまい検索とは、以下のものを区別しないで検索する方法です。

全角/半角  ひらがな/カタカナ 濁音/半濁音/清音 英大文字/英小文字

あいまい検索を実行するときは「あいまい」にチェックします。
たとえば、「library」という語句をあいまい検索すると、「library」、「LIBRARY」、「Library」、「library」、「LIBRARY」、「Library」などのような語句がヒットします。

あいまい検索で考慮される表記には、以下のようなものがあります。

↑このページの先頭に戻る



●項目内の関係

項目内の入力語句の組み合わせ方法を指定します。▼をクリックしてANDかORを選択します。
たとえば、著者に「太宰」「治」と入力して検索するときは、次のように指定します。
「太宰治」のようにすべての入力語句を含む人を探すなら、「AND」を指定します。上記を含め、「橋本治」「太宰治」など、どこかに入力語句を含む人を探したいなら、「OR」を指定します。


↑このページの先頭に戻る



●語句の検索方法

入力した語句とデータがどのように一致したものをヒットさせるか指定します。
たとえば「村」という語句を入力して検索すると、次のようなものが ヒットします。

で始まる:「村」「村上春樹」など
を含む:「村」「村上春樹」に加えて「西村京太郎」など
と同じ:「村」のみ
で終わる:「ふるさと村」など

 

↑このページの先頭に戻る



●ISBNの入力

ISBNやISSNは半角英数字で入力します。

前方一致で検索しますので、ISBNやISSNが最後までわからなくても検索することができます。

たとえば、「4」と入力すると、「4−xxxx−xxxx−x」というISBNがヒットします。
また、ハイフンはあっても無くても検索することができます。

NOTE
ISBN(国際標準図書番号)は、International Standard Book Numberの略語で出版流通業界で使用することを目的に、個々の図書に与えられている図書の国際的な製品番号です。また、逐次刊行物の場合にはISSN(国際標準逐次刊行物番号−International Standard Serial Number)がついています。 世界共通に逐次刊行物を識別できる番号です。



↑このページの先頭に戻る



●発行年月の入力

発行年月は、期間を範囲で指定します。

  • 年の入力は西暦4桁を使用します(YYYY/MM/DD)
  • 半角数字を使います

たとえば、次のように入力します。

  • 2002年1月19日以降2002年3月19日まで

    2002/ 1/19〜2002/ 3/19

  • 2002年1月19日以降すべて

    2002/ 1/19    /  /  

  • 2002年3月19日まですべて

      /  / 2002/ 3/19

発行年月は、前方一致で検索します。
はっきりとした日付がわからなくても、月日を空欄にして、年または年月のみ入力することができます。年を空欄にして月日を入力したり、年と日のみを入力したりすることはできません。

たとえば、次のように入力します。 

  • 2002年の1年間

    2002/  /  2002/  / 

  • 2002年1月の1ヵ月間

    2002/ 1/  2002/ 1/ 


↑このページの先頭に戻る



●分類(NDC)の入力

分類(NDC)は半角英数字で入力し、前方一致で検索します。

たとえば、次のように入力します。

  • 3から始まるコード(300や、311.1など)

    3

  • 45から始まるコード(456や、456.89など)

    45   

  • 911.5で始まるコード(911.5や、911.52など)

    9115(小数点省略)

NOTE
「NDC(日本十進分類法)とは図書館に所蔵する数多くの資料をわかりやすく配置するためによく使われる分類記号です。当室では種別「一般」(逐次刊行物を除く)と「地域」の図書・図録にNDC(9版)分類記号を付与し、小数点を省略して4桁で表記しています。※便宜上、また整理した年代により、NDC(9版)に準拠せずに分類されている場合があります。」


↑このページの先頭に戻る

ロゴイメージ